バイオビジネスにおけるアジア最大の
パートナリングイベント

用途開発・協業先探索・成果発表を通じて、
新たな出会いを創出します。

会期:2021.10.13 Wed. - 15 Fri.
会場:パシフィコ横浜

来場登録はこちら

※予定

BioJapanとは?

Exhibition

出展者数

800+

大手製薬・医療機器メーカーから
ベンチャー、アカデミアまでが集結。
会場で予想外の出会いを。

詳細はこちら

Seminar

Presentation

セッション数

200+ セッション

企業トップや注目の研究者など
豪華登壇者が勢ぞろい。
マーケットの最前線をお届けします。

詳細はこちら

Partnering

商談成立件数

10,000+

偶然の出会いだけでは満足できない方へ。
業種・部署・担当者レベルで
ターゲット企業へアプローチが可能。

詳細はこちら

様々な領域からスペシャリスト・注目企業が集結

参加カテゴリー

医薬・創薬

低分子医薬、中分子医薬、バイオ医薬、抗体医薬、診断薬、バイオシミラー、ドラッグデリバリーシステム(DDS)、ナノマテリアル、医薬原料

食品 / 農林水産 / 畜産

機能性食品、機能性食品素材、食品添加物、食品検査、品種改良、動物用医薬品・ワクチン

研究用機器・試薬・消耗品 / 設備

研究用機器、バイオインフォマティクス、研究用試薬、研究用消耗品、受託サービス、設備、施設、プラント

バイオクラスター / 行政 / 公的支援

アカデミア / 公的研究機関

医療 / 診断 / 医療機器

遺伝子治療、免疫療法、遺伝子診断、画像診断、バイオマーカー、医療機器、マイクロケミカル(マイクロTAS、バイオチップ、バイオセンサなど)

創薬支援 / 受託サービス

受託合成、製造、受託解析、化合物ライブラリー、スクリーニング、動物実験受託サービス、CMO、CRO、CDMO、SMO、創薬研究支援ソフト

知的財産 / 法務 / 金融

特許事務所、特許・知財サービス、法律事務所、ベンチャーキャピタル、機関投資家、証券会社、会計事務所

化成品 / 化粧品

バイオリファイナリー、化成品(原材料から最終製品)・化粧品

環境 / エネルギー

バイオ燃料、バイオエネルギー、バイオ(マス)プラスチック、植物工場、廃棄物処理、リサイクル

注目出展者ピックアップ

スポンサーセミナー「2021年上半期ライフサイエンスベンチャー活動レビュー〜グローバル視点から次のトレンドを探る〜」のご案内

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)は、東京大学関連のベンチャー創出機能強化のために2016年に設立された、東京大学100%出資の投資事業会社である。...

続きはこちら

早稲田大学、産学連携のワンストップサービスを実現し、オープンイノベーションの創出を狙う

早稲田大学リサーチイノベーションセンターは、研究戦略立案、産官学連携、知的財産管理、インキュベーションの4つの機能を統合して2019年6月に発足した研究支援組織だ。...

続きはこちら

クアドリティクス、心拍解析で疾患発症の予見を目指す

健康・ヘルスケアという言葉はこれまで以上に注目されている。健康診断をきっかけに健康づくりに取り組んだという人もいるかもしれない。...

続きはこちら

PGV、医療機器認証を取得した脳波計を提供。AI解析を手軽に利用できるNAIS Entryを新展開

ブレインテック市場は成長を続けている。三菱総合研究所のレポートによると、2016年には世界市場が3.2兆円だったのが、2020年には3.8兆円となり、2024年には4.5兆円に伸びると予測されている。...

続きはこちら

CyberneX、脳波測定から新しいマーケティングやコミュニケーションを目指す

人々の感情や思考は、すべて脳に詰まっているといっても過言ではない。脳の中にある情報を取り出すことができれば、まったく新しいコミュニケーションツールになるだろう。...

続きはこちら

SyntheticGestalt、創薬・ライフサイエンスに特化したAIで研究支援

人工知能(AI)は日常生活のみならず、学術研究においても利用されつつある。ライフサイエンスの分野では、扱うデータ量は膨大になる一方であり、AIを用いたデータ解析は珍しくなくなった。...

続きはこちら

Space BD、国際宇宙ステーションでの高品質結晶生成を起点とした革新的な構造ベース創薬(SBDD)プラットフォームを提供

スペースXやブルーオリジンが有人宇宙飛行を成功させるなど、民間企業にとって宇宙は遠くない存在となっている。宇宙ビジネスの世界市場規模は2020年時点で46兆円、2030年には70兆円に拡大するともいわれている。...

続きはこちら

Minaris Regenerative Medicine、日米欧の3拠点で再生医療等製品の製法開発・受託製造を行う

再生医療等製品の実用化が着実に進んでいる一方で、製造量の確保や品質の担保に課題を抱えているところは少なくない。...

続きはこちら

セルシード、再生医療を着実に進め創立20年を迎える

細胞シート工学を軸にするセルシードは、2021年に創立20年を迎えた。温度応答性ポリマーを⽤いた細胞シート⼯学を基盤技術として、細胞培養器材の製造と販売、細胞シート再生医療事業、再生医療受託サービスを主な事業としている。...

続きはこちら

イタリア大使館貿易促進部、多様なイタリアバイオテック企業16社を紹介

イタリアではここ10年の間でバイオ産業が盛んになっている。イタリア・バイオテクノロジー開発協会のレポートによると、イタリア国内のバイオテック企業の数は右肩上がりで増えており、...

続きはこちら

2020 参加者実績(抜粋・順不同)

製薬

旭化成ファーマ、 アステラス製薬、 アストラゼネカ、 アッヴィ、 アムジェン、 EAファーマ、 エーザイ、 エフ・ホフマン・ラ・ロシュ、 MSD、 大塚製薬、 小野薬品工業、 協和キリン、 グラクソ・スミスクライン、 サノフィ、 塩野義製薬、 ジョンソン・エンド・ジョンソン、 第一三共、 大正製薬、 大日本住友製薬、 武田薬品工業、 田辺三菱製薬、 中外製薬、 日本セルヴィエ、 日本新薬、 日本ベーリンガーインゲルハイム、 ノーベルファーマ、 ノバルティスファーマ、 ノボノルディスクファーマ、 バイエル薬品、 ファイザー、 ブリストル マイヤーズ スクイブ、 メルクバイオファーマ、 持田製薬、 ヤンセンファーマ、 レオファーマ、 ロート製薬

バイオテック

アンジェス、 Veritas In Silico、 オンコセラピー・サイエンス、 オンコリスバイオファーマ、 カイオム・バイオサイエンス、 KOTAIバイオテクノロジーズ、 Chordia Therapeutics、 サイトリミック、 スコヒアファーマ、 タグシクス・バイオ、 タンソーバイオサイエンス、 ティムス、 TNAX Biopharma、 ノイルイミューン・バイオテック、 Neurimmune、 HanaVax、 ひむかAMファーマ、 ブライトパス・バイオ、 ペプチドリーム、 ペルセウスプロテオミクス、 メトセラ、 モダリス、 楽天メディカル、 リボミック、 リボルナバイオサイエンス

製造受託

AGC、 WuXi Biologics、 Samsung Biologics、 サーモフィッシャーサイエンティフィック(Pathon)、 JSR、 タカラバイオ、 ロンザ、 Rentschler Biopharma、 三菱ガス化学、 富士フイルム、 富士フイルムダイオシンスバイオテクノロジー
 
 

アカデミア

旭川医科大学、 石川県立大学、 愛媛大学、 大阪大学、 大阪大学医学部附属病院、 岡山大学 、 岡山大学病院、 沖縄科学技術大学院大学、 帯広畜産大学、 九州大学、 九州大学病院、 京都大学、 京都大学医学部附属病院、 近畿大学、 慶應義塾大学、 慶應義塾大学病院、 神戸学院大学、 神戸大学、 滋賀医科大学、 聖マリアンナ医科大学、 千葉大学、 千葉大学医学部附属病院、 筑波大学、 東京医科歯科大学、 東京工業大学、 東京大学、 東京大学医学部附属病院 、 東京理科大学、 同志社大学、 東北大学、 東北大学病院、 徳島大学、 長崎大学、 名古屋大学、 名古屋大学医学部附属病院、 浜松医科大学、 広島大学、 藤田医科大学、 北海道科学大学、 北海道大学、 北海道大学病院、 三重大学大学院、 横浜市立大学
 
 

今すぐ 3で 来場登録

セミナーには豪華登壇者が集結!

基調講演

手代木 功

日本の感染症対策の現状と課題
~新型コロナウイルス感染症を例に~

手代木 功 氏

塩野義製薬
代表取締役社長

原 丈人

世界は「公益」に向かう

原 丈人 氏

アライアンス・フォーラム財団 代表理事 兼 会長
デフタ パートナーズ グループ会長

赤石 浩一

Society 5.0の実現に向けた
我が国の科学技術・イノベーション政策の課題と展望

赤石 浩一 氏

デジタル庁
デジタル審議官

セミナー登壇者

今すぐ 3で 来場登録

パートナリングで気になる企業・担当者へダイレクトにアプローチ!

BioJapan / 再生医療JAPAN / healthTECH JAPANのパートナリングシステム(マッチングシステム*)は、
「偶然、潜在顧客と出会う」のではなく、「必ず、ターゲット顧客・潜在顧客に会う」ための
“マッチングを実現するビジネスプラットフォーム”です。

*特許第5843841号取得 / 商談自動スケジューリングシステム

パートナリングのメリット

1 貴社のビジネススピードを加速化

2 効果的かつ効率的な顧客探索 / アプローチ / 商談・ミーティング

3 前広なシステム活用により、確度の高いターゲット顧客、更には予想外の潜在顧客との出会いを実現

4 ミーティング当日は、会場内パートナリングエリアへお越しください。
全室クローズドのお部屋をご用意しているため、コンフィデンシャルな内容まで踏み込んだ面談にも お使いいただけます。

5 Web会議システムと連携することでオンライン参加も可能。
もちろん海外顧客や地方からの参加者ともコミュニケーション可能です。

6 参加者は全出展者+来場パートナリング参加者。
出展者⇔来場者、双方向のアプローチはもちろん出展者同士・来場者同士のミーティングも可能にします。

パートナリング実績

参加者数 1,300名+
参加企業数 800社+
商談件数(3日間合計) 10,000件+
2020 参加企業一覧

旭化成、味の素、あすか製薬、アステラス製薬、アストラゼネカ、アッヴィ、EAファーマ、Eli Lilly、F.Hoffmann-La Roche、MSD製薬、小野薬品工業、大塚製薬、科研製薬、キッセイ薬品工業、協和キリン、極東製薬工業、興和、サノフィ、Samsung Biologics、塩野義製薬、ゼリア新薬工業、ジョンソン・エンド・ジョンソンイノベーション、第一三共、大正製薬、大鵬薬品工業、大日本住友製薬、タカラバイオ、武田薬品工業、田辺三菱製薬、中外製薬、日本新薬、日本たばこ産業、ノバルティスファーマ、バイエル薬品、ファイザー、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、ベーリンガーインゲルハイムジャパン、マルホ、持田製薬、ユーシービージャパン、ヤンセンファーマ、ルンドベックジャパン、レオファーマ、ロート製薬、エーザイ、Neurimmune

今すぐ 3で 来場登録

開催概要とご来場までの流れ

BioJapan 2021

会期:2021.10.13 Wed. - 15 Fri.  
会場:パシフィコ横浜

BioJapan とは?

1986年に初開催、バイオテクノロジーにフォーカスを当てた世界で最も歴史のあるイベントです。2000年代以降、ビジネストレードショーとして成長を続け、2021年には23回目の開催を迎えます。
バイオテクノロジーの応用先は創薬、個別化医療、再生医療、診断・医療機器、研究用機器・試薬は勿論、近年は、環境・エネルギー、機能性食品等まで幅広い分野において期待されています。 展示会・セミナー・パートナリングプログラムを通じてバイオ産業のオープンイノベーションを加速させます。

会場構成図

各展示会ロゴをクリックすると詳細が表示されます。

パシフィコ横浜 展示ホール 1F

パートナリングエリア
パートナリング
エリア

アネックスホール (2F)

セミナー会場
F201-F206

ノース (4F)

セミナー会場
G401-G404

ご来場までの流れ

来場登録

【含まれるサービス】
・展示ホール入場、
・プレゼンテーション現地聴講
・スポンサーセミナー
 現地・オンライン聴講
・主催者セミナー現地聴講

ご登録はこちら

来場登録

【含まれるサービス】
・マッチングシステム利用
・パートナリング専用エリア入場
・主催者セミナーオンライン聴講

来場登録後、マイページより
お申込みください

セミナー聴講登録

会場へお越しください
今すぐ 3で 来場登録