イタリア大使館 貿易促進部

イタリア大使館 貿易促進部は、イタリアの政府機関です。
イタリア企業やイタリア各州政府、業界団体、その他のイタリア官民関連組織と連携を取りながら、「メイド・イン・イタリー」製品のイメージアップや、外国資本の投資先としてのイタリアのPRも行っています。
日本で行うプロモーションイベント等についてはWebサイトhttp://www.ice-tokyo.or.jp/をご覧ください。

ITA-Italian Trade Agency

ITA-Italian Trade Agencyはイタリア企業の国際化を推進するイタリアの政府機関です。日本では、東京にオフィスを置き、イタリア大使館貿易促進部として、日本市場でのイタリア製品およびサービスの販売力強化を目的とした活動を展開しています。
ITA-Italian Trade Agencyの役割は、外国とイタリアの間の経済・貿易・商業関係の促進・発展・振興を図ることにあり、特にイタリアの中小企業およびその組合・団体のニーズへの対応に力を入れています。また、イタリア企業の国際化の推進や、海外市場でのイタリア製品およびサービスの販売力の強化を目的とした活動も行います。

AXXAM S.p.A.

Axxamは革新的パートナー研究組織(innovative Partner Research Organization:iPRO)で、医薬品、作物保護、動物衛生、化粧品、香料、食品および飲料などライフサイエンス業界全体に統合されたディスカバリーサービスを提供する大手プロバイダーです。幅広いディスカバリー領域と革新的技術にわたり専門性を強化しており、アッセイ開発、自社の高品質な化合物コレクション(合成および天然)とクライアント提供化合物の両方のハイスループットスクリーニング(HTS)、化合物管理、ヒット同定およびヒット検証などを強みとしています。当社のパフォーマンス主導のアプローチは、クライアントのディスカバリープログラムを成功へと導く鍵として認められています。またAxxamは、満たされていない医療ニーズの高い疾患に対する革新的な小分子療法のための研究にも、提携ベースで取り組んでいます。Axxamの取引条件は柔軟で、出来高払いからリスク共有取引まで、多岐にわたるシステムがあります。
AXXAM

BIOINDUSTRY PARK SILVANO FUMERO S.p.A.

Bioindustry Parkの「Silvano Fumero」は科学技術の研究団地で、化学、バイオテクノロジー、医薬品、診断、医療技術、デジタルヘルス分野の企業やスタートアップ、研究機関をホストおよび支援し、ライフサイエンス部門の研究を推進および発展させることを使命としています。この科学団地では、施設、科学、ビジネス面での支援サービスを通じて、ライフサイエンスおよびヘルスケア企業の創設と発展に向けた、あらゆるソリューションと支援サービスを提供しています。また、バイオテクノロジー部門と医療技術部門に関連する民間組織および研究開発組織が参加するピエモンテ州のヘルスケア拠点bioPmedの管理会社です。bioPmedは、およそ100の企業や研究センター、学術機関が集まるイノベーション拠点です。同拠点は世界で最もダイナミックな拠点と連携し、地元企業の成長と地域のシステム全体の成長を維持する革新的な技術ソリューションの開発を目指して、国際市場での競争力を高めるとともに、その地位を確固たるものとしています。
SILVANO FUMERO

BIOUNIVERSA SRL

BAG3の特定試薬は、がんや循環器疾患などのような細胞死の調節不全を原因とするヒト疾患の診断や治療において、さまざまな用途を示しています。活動の開始以来、継続的な研究と外部関係者(バイオテクノロジー企業、大手製薬企業、世界中の中核的臨床研究拠点、その他の研究チームなど)の選別をパートナーシップ戦略の基盤としてきたBIOUNIVERSAは、組織のチームに新たなスキルや資産をもたらすことができます。
目標は、BAG3プラットフォームの新たな用途を開発し、パイプラインを広げることです。今日までBIOUNIVERSAは、レッド・バイオテクノロジーにかかわる様々な関係者との数多くのパートナーシップを誇っています。

DIATHEVA SRL

DIATHEVAは、腫瘍学と感染症の分野における新規の生物学的療法の開発に力を入れているイタリアのバイオテクノロジー企業です。同社はまた、分子および免疫酵素診断キットも開発し、商品化しています。主な製品ラインは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を含む動物およびヒトの微生物感染症の診断と管理、予防に特化したものです。DIATHEVAが実現した製品の多くは、他に類似するものが市場にありません。DIATHEVAは、生物学的医薬品有効成分(API)の製造および発売を認められたGMP製造施設を有し、新しい免疫原、酵素、抗体断片を特に重視したバイオ医薬品の委託研究およびcGMP製造サービスを提供しています。DIATHEVAは、腫瘍学および真菌感染症に関するライセンス供与または提携の機会を見い出し、その生物学的療法をさらに発展させることに関心があります。同社はまた、がんや感染症の分野における新製品(バイオ医薬品)のライセンス導入にも関心を寄せています。
DIATHEVA

HASSISTO - E-Health Platforms

慢性疾患の予防と早期発見のための、家庭環境におけるEヘルス モジュール式モニタリングプラットフォーム
HASSISTO - E-Health Platforms

lightScience Srl

lightScience srlは、近赤外線(NIR)分光法、クラウドコンピューティングでのサンプリング用DBSカード、および機械学習ベースの計量化学キャリブレーションモデルに基づき、移動中に血液試料を検査できる画期的な手法を市場に出すことを目指す革新的なスタートアップ企業として、2020年2月にイタリアで創業しました。創業チームは2016年からこのアプローチへの取り組みを開始し、プロトタイプを設計・構築して国際特許に登録しています。
lightScience Srl

LO.LI. PHARMA INTERNATIONAL

Lo.Li. Pharma Internationalは、2012年から操業しているイタリアの製薬会社です。同社が注力している分野は「女性の健康」で、婦人科、産科、生殖(男性および女性)、内分泌科、泌尿器科を治療分野の対象としています。当社は、確かなプロジェクトと実りある協力関係を生み出すには、パートナーに個別のトレーニングと役立つマーケティングツールを提供することが重要だと考えています。当社の製品は現在、世界60カ国以上で市販されています。当社は世界中で販売代理店を常に求めており、価値観を共有し、当社の完成品をポートフォリオに積極的に追加してくれる代理店と、双方にとって利益となるパートナーシップを築きたいと考えています。
lightScience Srl

MENARINI SILICON BIOSYSTEMS

Menarini Silicon Biosystemsは、希少細胞に関する独自の技術およびソリューションを提供し、臨床研究者が細胞とその分子キャラクタリゼーションの研究において、比類のない解像度を利用できるようにしています。CELLSEARCH®は、血中循環腫瘍細胞(CTC)の検出およびカウントを目的として臨床的に検証され、FDAによる審査をクリアした最初で唯一の血液検査法で、他の臨床的方法と併用することで、転移性乳がん、前立腺がん、結腸直腸がん患者の管理に役立てることができます(すべての使用目的については、documents.cellsearchctc.comをご確認ください)。DEPArray™(研究での使用に限定)は、画像ベースの細胞選別・分離デジタルプラットフォームで、臨床研究者が希少細胞を単一細胞の精度で研究できるようにします。CELLSEARCH®およびDEPArray™テクノロジーを統合することで、単一細胞の精度で希少細胞の計数、選別および分子キャラクタリゼーションを実行するためのエンドツーエンドのワークフロー・ソリューション*を提供します。イタリアのボローニャと米国ペンシルベニア州のハンティンドン・バレーを拠点とするMenarini Silicon Biosystemsは、イタリア・フィレンツェに本社を置く医薬品、バイオテクノロジー、診断の多国籍企業Menariniグループの完全子会社で、140カ国に1万7000人以上の従業員を擁しています。
MENARINI SILICON BIOSYSTEMS

OLON S.p.A.

イタリア企業のOLONは、ジェネリック市場向けの合成プロセスと生物学的プロセスを用いた医薬品有効成分(API)の製造および医薬品開発製造受託(CDMO)の世界的リーダーです。イタリア、ミラノ県ローダノに本社を置くOLONには、11の製造施設(イタリアに8箇所、スペイン、米国、インドに各1箇所)と3つの支店(ドイツ・ハンブルク、米国・ニュージャージー州フローラムパーク、中国・上海)があります。OLONバイオテクノロジーセンターは、微生物発酵に関して欧州で最も豊富なノウハウを持つ機関の1つです。さまざまな微生物と発酵プロセスの知識に関するレベルに応じて、専門性と技能を柔軟な対応と組み合わせています。また、下流20箇所に頼れるプラントがあるため、その柔軟性が分離ステップと精製ステップにも反映されています。当社は、タンパク質、酵素、ペプチド、組換え技術などの幅広い製品に対して、4500m3の規模と容量をサードパーティに提供できます。
OLON S.p.A.

PLASFER SRL

Plasfer srlは前臨床段階のバイオ医薬品企業で、ドラッグデリバリーと細胞治療の用途のための血小板および血小板由来マイクロパーティクルを用いた、次世代の細胞療法を開発しています。血小板移植技術(PTT TM)は、 血小板の自然な形態や機能を変えずに、多くの異なる分子実体を用いて血小板を効率よく充填/作製できる、独自のテクノロジープラットフォームです。PTT TM Plasferを使用して、現在、PLA-GBMとPLA-ONCOという2つの臨床候補を開発中です。PLA-GBMは、神経膠芽腫R/R(IDH野生型グレードIV神経膠腫)外科的切除後の治療のためのRNAi(siRNA-miRNA)提供を目的とした、PTT血小板濃縮液からなる臨床製品です。PLA-ONCOは、固形腫瘍、すなわち膵臓腫、卵巣腫、メラノーマの治療のためのsiRNA提供を目的とした、PTT血小板濃縮液からなる臨床製品です。
PLASFER SRL

PROMETE SRL

1997年以降、Prometeは厳選したニッチ市場で新たなビジネスチャンスをつかむため、研究開発と、研究から得た新しいアイデアを市場にもたらすことに、ビジネスの焦点を合わせています。同社は、知的財産(IP)、最先端のアプリケーションの専門知識、そして官民機関との連携および協力行動を通じて共同開発された高付加価値で革新的な製品・サービスへの投資が、成長の主要な原動力であると考えています。Prometeはバイオジャパン2021で、Trylight、RaMonA、MIDAなどいくつかの製品を紹介します。簡単に言うと、Trylightは、表面機能化に役立ちます。表面機能化は、効果的な分析物認識の基礎となるため、バイオセンシングにおける重要なステップの1つです。RaMonAは、ラドンガスの蓄積濃度を検出するための機器で、安全で使いやすい設計となっています。MIDAは、食品病原体を迅速かつ経済的に検出するための磁気弾性バイオセンサーです。
PROMETE SRL

ReiThera SRL

ReiTheraは、先進的治療のための遺伝子ワクチンおよび医薬品の開発、GMP製造、臨床解釈に特化したバイオテクノロジー企業です。同社は、ウイルスベクター製造のためのスケーラブルなプロセス開発において長年にわたる専門性を持ち、製造を支えるcGMP施設には充填設備と品質管理研究室があります。ReiTheraは、AVやAAV、MVAなどをベースとするウイルスベクターのプロセス開発およびGMP生産を提供するCDMOとして活動し、ウイルス生産用の独自の細胞基質も提供できます。これに関して、ReiTharaは最先端の施設に中核となる容量の基盤を置き、200L、1000L、2000L規模の運転容量に対応する懸濁液での生産用の撹拌槽型バイオリアクターや、最大30m2の表面積を持つ細胞基質の付着増殖用の固定床バイオリアクターなどを有しています。ReiTheraは、当社でのプロセス開発とGMP生産の実現可能性を探ることに関心のある企業との出会いを歓迎します。
ReiThera SRL

REMEMBRANE SRL

Remembraneは、「Refeed」のブランド名で市販されている、カスタマイズされたGMPグレードの膜ターゲティング脂質混合物を設計、開発、製造しています。Refeedは、生物学実験室で使用されるあらゆるタイプの培養細胞とプロトコルに適した膜ターゲティング脂質混合物の革新的な製品群の1つで、あらゆる細胞培養プロセスの効率と費用効果を高めることができます。Refeedは、培養細胞の膜脂質組成を変化させ、さまざまな膜表現型を開発して、微生物(大腸菌、酵母菌など)からヒト細胞(細胞株、初代細胞、幹細胞)まであらゆる種類の培養細胞で、選択した細胞特性を変えることができます。Refeedは、「生物学的製造」プロセス(タンパク質、ウイルスおよびウイルスベクター、化学物質、バイオプラスチックなど)の収量や、「先進的治療」の有効性およびアウトカム、薬効および毒性に関する「インビトロ検査」の質など、培養細胞の有用な生物学的パラメータを向上させます。Refeedは、医薬品部門と産業バイオテクノロジー部門において、世界中で非常に多くのお客様に広く使用されています。
REMEMBRANE SRL

SENSOSAN SRL

当社の使命は、人々の福祉を向上させることです。脳の可塑性を刺激するインテリジェント・ネブライザー(噴霧吸入器)と機能性芳香剤を取り扱っています。当社はコロナ禍の2020年に、ローマ、そしてロベレートのイノベーション拠点Polo Meccatornicaで起業しました。経験豊かな起業家と研究者のチームで構成され、イタリアのブルーノ・ケスラー財団、トレント大学、サクロ・クオーレ・カトリック大学、ルイス大学と積極的に協力して研究開発活動を行っています。始めに着手したのが、世界で唯一の特許技術であるS 1*です。これは、清掃会社や設備会社の有資格者が現在行っている空間や表面の消毒プロセスを自動化し、保証できる技術です。 S 1*は100平方メートルの空間に対応します。100平方メートルごとにS 1をさらに追加導入でき、消毒した空間と表面を確実に保証します。

STUDIO TORTA SPA

Studio Tortaは1世紀半近くにわたり、世界的に最も重要な特許や、注目を浴びているブランド、革新的なデザインの保護に、重要な役割を果たしてきました。当社の関心は常にクライアントに向けられており、クライアントと協力してイノベーションを起こし、ビジネスの成長を保証・支援するオーダーメイドのソリューションを生み出しています。絶えず進化する市場ニーズへの対応を視野に入れ、当社シニアパートナーの長年にわたる法務経験に、優秀なジュニアパートナーの新技術に関する専門性をプラスしています。Studio Tortaは株式会社の形態をとっており、59名の弁理士が所属し、内39名をパートナーとしているほか、131名のスタッフがいます。トリノ、ミラノ、トレビゾ、ボローニャ、リミニ、ローマに事務所を持ち、世界中に信頼できる代理人の確固たるネットワークがあります。さらに、海外のクライアントにも卓越した支援を提供するため、中国語、日本語、ドイツ語、フランス語を母国語とするスタッフがいます。
STUDIO TORTA SPA

VERA SALUS RICERCA SRL

Vera Salus Ricerca(VSR)は、医薬品業界や食品業界において革新的な製品の開発に利用される生物医学研究を専門とした技術発見の一流企業です。VSRは最近、ドリームファクトリー・プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、企業独自の事業を活用し、他のバイオテクノロジー企業への横断的なイノベーション移転に基づく新たなビジネスモデルを導入するものです。このプロジェクトの核となるのが、フラボノイド由来の半合成小分子からなるVSR独自の化合物プラットフォーム「Flav-X」と、植物や果物からの天然化合物コレクション「Natur-X」です。Flav-XとNatur-Xは、医薬品や食品成分の革新的なデザインを支援し、斬新かつ強力な技術を生むために考案された無制限の化合物ライブラリーです。 革新的な経営モデルと国際的かつ多分野にわたる専門性を活かし、VSRは個別にカスタマイズされた革新を生むとともに、クライアント企業に多角化と利益をもたらします。VSRとの協業に関心がありそうなステークホルダーには、個人投資家、食品・栄養補助食品部門のバイオテクノロジー企業、製薬会社などが含まれます。
VERA SALUS RICERCA SRL